少年野球はいつから始める?子供のやる気とわが家の事情…悩みます…

スポンサーリンク
少年野球の画像と悩む親のイラスト

少年野球に入る、子供にとっても楽しみであり不安であり、大きな転機だと思います。

それと同様に親にとっても、家族の生活にとっても、大きなこと。

時間も野球にあてる事が多くなり、野球メインの生活に変わりますよね。

「少年野球はいつから?」やる気のある子供を前にすると、すぐにでも入れてあげたいのですが、いろいろと問題も…

今回は ”息子のやる気” と ”わが家の事情” の間で悩む気持ちと、せっかくの ”やる気” を無駄にしないためにも始めたことを紹介します。

スポンサーリンク

少年野球はいつから?と子供のやる気

うちの息子は、幼稚園の頃から野球に興味を持ち始め、小学校に上がっても興味は上がるばかり。

そんな息子も最近は、少年野球のチームに入りたいと言い始めました。

”少年野球はいつから” なんて話をよく耳にしますが、私的には小学校一年になったばかりなので、まだ早いようにも思うのですが…。

 

プロ野球選手の始めた時期

ちなみに、一線で活躍しているプロ野球選手はいつぐらいから始めたのか、気なったので調べましたので少し紹介します。

大谷翔平選手:友達に誘われ始めたのは小学2年生の頃
イチローさん:本格的に野球を始めたのは小学3年生の頃
古田敦也さん:父親の勧めで少年野球に入ったのは小学3年の頃
ダルビッシュ有選手:地元のチームに入ったのは小学2年生の頃

他にも一年生かやっている選手もいれば、中学校になってからの選手もいるようでした。

全体的には、小学校二・三年生頃からという選手が多かったように感じました。

 

 

実際いつからやらせるのか?

やはり子供から言いだしたことは、前向きに進めてあげたい…

しかし、そうもいかないこともあるのが現実です。

それが家の事情や環境、そしてタイミングの問題。

「すぐにやらせてあげたい、どうにかなるだろう…」という気持ちと、「今の家の状態じゃ…まだ無理かな…」という気持ち。

すぐにでもやらせてあげたいが、そうもいかない…実際にわが家でも悩んでいます。

 

「子供が野球を始める時期について」こちらで詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

子供が野球を始めるベストな時期は?息子を見ていて思ったこと!!
小学校に一年生になった息子が「野球をやりたい!! 少年野球チームに入りたい!!」と。 そこで ”野球を始める時期はいつがベストなのか?” を、実際に息子を見ていて感じたことや思ったことを中心に、ちょっと考えてみます。

 

 

 

悩む…わが家の事情

わが家は、7歳の長男坊、その下に4歳の次男坊、そしてお腹の中に一人います。

ちなみに男の子でした…男三人兄弟、賑やかになりそうです。

話を戻して、その長男が今回、野球チームに入りたいと言ってきたわけですが、やる気もあるようですし、すぐにでも入れてあげたいのは山々なのですが、ちょっとすぐには難しそうな問題も…。

 

1.送り迎えの問題

まず初めに、送り迎えが可能なのかという問題ですね。

小学校一年生の息子には、まだ一人で行くことはできませんので、どうしても送り迎えが必要。

休日はどうにでもなるとして、わが家は共働きなため平日の送り迎えが難しい…。

うちの学校では、三年生から子供だけで自転車に乗って出かけることができるので、そのくらいになればこの問題は解決なのですが、今の状況だと難しそうです。

 

 

2.休日がつぶれる問題

次に、休日がつぶれる問題です。

妻とも話したのですが、正直なところもう少し家族で出掛けたい。

まぁこれは、たまには休みもあるだろうし、低学年の時は少しは休ませてもいいのかなとも思いますし、どうにもならない問題ということではないのですが。

ここでもう一つ、次男坊が気になります。

まだ小さい弟は野球に行っても、一緒に練習できる訳でもありませんし、少しかわいそうな気がします。

二番目、三番目の子供なら仕方がないことなのでしょうし、いつかは通る道なのでしょうが、できるだけ長男と同様に、いろいろ連れて行ってあげたいですので、悩みの一つに。

 

 

3.タイミングが…

そして最後にタイミングの問題です。

今、妻が妊娠中ということもありタイミングが少し悪いかなと…。

妊娠中はもちろんですが、生まれてから間もない頃は外出もあまりできないです。

少したてば、送り迎えぐらいはできるとは思うのですけどね。

子供のやる気になった時期とタイミングが合わず「すぐにでも」とは難しそうです。

 

 

結局いまのところ…

やる気満々の長男、そんな息子を見ていると、やっぱりすぐにでも入れてあげたい…

でも色々考えると難しい…

かといって不可能ではない…

悩む所です…

今でも夫婦で相談中です。

結局、今のところ、わが家では「すぐには難しいかな…もう少し様子を見てから」という結論になっています。

 

 

 

子供のやる気を無駄にはしたくない

しかし、せっかく子供ながらに興味を持ち、自分からやりたいと言い始めたこと。

せっかくのやる気は無駄にはしたくない… やる気が消えぬようと二つの事を始める事に。

「少年野球チームの体験練習に参加」「家で始める野球」です。

 

 

少年野球チームの体験練習に参加

少年野球チームに知り合いがいましたので、聞いてみると体験練習なるものがあるということでしたので、参加してみました。

話によると、それも年に数回というわけでもなく結構頻繁にやっているようで、参加も何回までというわけでもなく「参加できる時であれば、来てもらってかまわないですよ」というスタンスのものでした。

実際、しばらく体験練習だけ来ている子もいるようです。

もちろん大会中やその前後など、いつでもという訳ではないのですが、今のわが家にはありがたい話しでした。

 

これには、少年野球をやる子供が減っている問題が絡んでいるようで、多くのチームが人員不足の状態にあるらしい。

チーム側も少しでも増えてほしい、という考えからやっているそうです。

息子も嬉しそうに参加していましたし、また行きたいとやる気満々に言ってました。

教えてもらっている手前、会費も払わずにあまり甘え過ぎるのもどうかと思いますので、チームの方と相談しながら参加させてもらおうと思っています。

 

 

少年野球の体験会に参加してみて感じたことなど、こちらで詳しくまとめています。あわせてご覧ください。

参加してみるもの”少年野球の体験会”事前にチェックで親子の準備に
息子が入りたがっている少年野球チームの体験会に参加してみました。 その時に、感じたことや事前のチェックすべきところを、私なりにまとめてみました。 なんとなく流れで参加したのですが、これがいろいろと知ることができ、参加してみるものだと思いました。

 

 

家で始める野球

少年野球に入るまで、家で野球を始めてみることに。

私も野球経験者ではあるのですが、 ”野球を教える” ということは始めてのこと。

”子供に野球を教える” なかなか難しいものですね。

もちろん楽しく野球を好きに、せっかく生まれたやる気を消さずに、そして少しでも上達してほしい。

子供と共に親の私も成長しないとですね。

この辺はまた記事にしていきたいと思います…親と子の野球奮闘記とでもいいましょうか!!

 

 

 

まとめ

今回は ”息子のやる気” と ”わが家の事情” の間で悩む気持ちと、せっかくの ”やる気” を無駄にしないためにも始めたことを紹介しました。

せっかく芽生えた息子のやる気、無駄にはしたくない。

しかし、家の事情やタイミングで、答えてあげられないこともあると思います。

そんな時は、少しでも息子のやる気が消えないようにしたいものです。

 

コメント