子供のゲームは何歳から?わが家でも考えましたが…結局のところ…

スポンサーリンク
ゲームをやっている子供の画像

うちの子供の本格的なゲームデビューは5歳でした。

わが家でも色々と考えていたのですが、結局のところはどうなのか。

実際、ゲームをするようになった息子を見ていて感じたことや、何歳からよりも考えて行くべきことなど、紹介したいと思います。

もちろん、子供で成長や環境の違いはあると思いますが・・・。

スポンサーリンク

うちの子供のゲームデビュー

まずはうちの子供、長男のゲームデビューは何歳からということですが、本格的にゲーム機を買ったのは5歳半でした。

3歳ごろから少しずつ親の使っている携帯に興味を持ち始め、以前に撮った写真や動画を見たがるようになりました。

そして、子供の疑問に答えようと、なにかの動画をみせたのがきっかけで「YouTube」いわゆる無料動画に興味を持ち始めました。

5歳になる前ぐらいからゲームに興味を持ちはじめ、欲しがるようにってきたので携帯の無料ゲームならとやらせるように…そして、5歳半でゲーム機デビューしました。

うちの子の流れは「写真・動画」→「YouTube」→「携帯ゲーム」→「ゲーム機」でした。

 

 

わが家の考え「子供のゲームデビュー」

わが家でも子供のゲームに関しては色々と考えていました。

私も妻も「ゲームは小学校に上がってからで十分」なんて考えでした。

大袈裟にいえば「高校生とか大きくなってからでも良いのでは」ぐらいに思っていました。

ならば「やらせなきゃいい」とも思いますが、それはそれで考える所が…。

ゲームやることで見に付くこともあるのでしょうし、周りの子供がやっていれば仲間に入れなくなるなんて心配もありますよね。

なかなか難しい・・・。

ある程度の年になってゲームをやったことが無いような子供、あまり見たことないことが物語っていますよね。

では、なぜわが家では当初の考えより早めのOKを出したのかというと!!

 

 

理由1 家族団欒のツールにも…

私も妻も一番嫌だったのが「一人で黙々とゲームをしている」ということ。

たまたま知人から「任天堂のWii」を譲り受けたのが切っ掛けで、みんなで楽しめるのならいいのかな…なんて考えでした。

なので一人で黙々とやるようなゲームはOKしませんでした。

それと、家族での団欒にもいろいろあると思いますが、トランプやボードゲームなど…。

みんなで楽しめるゲームならば、家族団欒の一つのツールにもなるのかなぁなんて考えました。

 

理由2 二人目の子供はどうなのか

これまで書いてきたのは長男の事でしたが、わが家には現在二人の息子がいます。

そこで思ったのが「二人目の子はどうなのか?」ということでした。

一人目の子なら親の考え次第、やり方次第でどうにでもなるのでしょう。

なぜなら「親とその子の環境」ですので、まだ早いと思えば与えなければいいだけです。

しかし二人目、三人目…となると「親とその子、そして上の子という環境」になります。

お兄ちゃんやお姉ちゃんがやっていれば、興味を持つなという方が無理な話ですし、隔離してやらせるのもなかなか難しいですよね。

下の子は自然と早くなるということで、本当に下の子もやらせないのであれば、上の子もやらせないしか方法は無いですよね。

 

理由3 ゲームで学ぶ事もあるのでは

現在、ゲームは子供たちのコミュニケーションのツールの一つになっていますし、やらない子を探すほうが難しいような時代になっていると思います。

どうせいつかは始めるゲーム、ならばゲームを利用して学んでもらおうということですね。

といっても、ゲームで字を教えるとか、足し算を教えるとかの話ではなく「ルール・計画性・我慢・・・など」を身に付けさせようということです。

  • 何事も守らなければならないルールがある。
  • 楽しい事ばかりじゃない、嫌な事もやらなくてはならない。
  • なんでも好き勝手できる訳じゃない、我慢をすることも必要。
  • 計画を立てて自分で考えて時間を作る。

実際うちの子にも「ゲームでもルールを守るでしょう。それと同じだよ」なんて言ったらピンときていたようでした。

また「早く歯磨き終わりにしてからゲームやる」なんて子供ながらに計画立てて始める時もあります。

もちろん、普段の生活でも教えていくことですが、子供自身が興味のあることを上手に使うことは有効な気がします。

 

 

親が考えなきゃならないことも…

もちろん、子供のゲームデビューでいいことばかりとは言えないです。

親である私達が大変になることもありますし、考えることも増えますよね。

実際大変になったこと

わが家でも、実際にゲームをするようになって、大変になったこともありましたよ。

  • うまくいかないとイライラがマックス。
  • ゲームができないと、テンションダウンからのグズリ。
  • 二言目にはゲームの時期がある。
  • 夜やった次の朝は寝起きが悪い時がある。

うちの子の場合ですが、このぐらいは覚悟しておいた方がいいのでしょう。

 

ルールを守らせることも大変

もちろん、わが家もルールを決めています。

勝手にやらない、時間を決めてやる、など簡単なルールですが。

子供は楽しいことは夢中で時間を忘れてやりますし、ルールを守るということも教えて行かなくてはなりません。

注意することも増えますので、親のイライラも増えるのでしょう。

 

わが家で注意していること

ゲームをやらせることで注意していることは多くありますが、わが家では特に二つ!!

1.やり過ぎに注意

視力の低下、他の時間(外遊びなど)が減る、はまりすぎてゲーム以外は無気力になんて話も良く耳にします。
飲み過ぎ、食べ過ぎ・・なんでも「~過ぎ」に良いことはありません。

 

2.できるだけ親の都合でやらせない

私もたまにやってしまうのですが、一人で何かやりたい時や、静かにしてほしい時なんかにゲームに逃げてしまうことが…

親がルール破らせるのもどうかと思いますので気を付けています。

 

 

まとめ

タイトルにもある「子供のゲームは何歳から?」のわが家の結論は「遅い方がいいのでしょうが、そこまで気にしなくてもいいのかな!!」ということでした。

結局、一人目の子がデビューすれば、二人目三人目は自然とデビューすることになるのでしょうから…。

一番目の子と二番目、三番目…の子、通ってる保育園や幼稚園や小学校、仲の良い友達、その子の成長の違いなどで、ゲームに興味を持つ時期も変わってくると思います。

うちの次男のように3歳の頃に「やりたい」なんて、さすがに早いなと思いました。

そんな二番目の子などの場合は、簡単にできるものではなく、少し難しめのものをやらせるなんてのもどうでしょうか…

お兄ちゃんのやってるものはやりたい…でも、できないからつまらない…自分の楽しいものに戻る…

うちの子は長続きはしませんでしたよ。

もし何歳からと悩んでいる方がいれば、試しにやらせてみると言うのも一つの方法かもしれないですよ。

興味を持たなければ…それまで。

興味を持てば、それを利用して「ルールや我慢、計画すること」などを身に付けさせる。

 

それには親も注意することや、大変になることも増えるのでしょうが・・・。

 

 

コメント